ニュース
» 2007年11月22日 09時44分 UPDATE

ゲーマーは感度の高い先進的購買層――米調査

ゲーマーはゲームだけでなく、ハイテク全般に強い関心を持ち、常に最新機器を入手したいと考えているようだ。

[ITmedia]

 米Ziff Davisは11月20日、同社が運営するオンラインゲームサイト「1UP Network」のユーザーを対象に、8月に実施した調査結果を発表した。ゲーマーはゲームだけでなく、家電や音楽、映画など、ハイテクやエンターテインメントに強い関心を持ち、お金を使おうと考えていることが明らかになった。同サイトのユーザーの大半は男性で、平均年齢は24歳。

 調査によると、回答者の80%以上は携帯電話、DVDプレーヤー、PCを所有し、50%以上はデジタルカメラ、MP3プレーヤー(ビデオ再生機能のないもの)、Wi-Fi製品、HDDやメモリなどのストレージ製品、液晶PCディスプレイを所有している。また最新機器を購入したいと考えている人が多く、約3分の1は今後6カ月以内にプラズマもしくは液晶のHDTV、ハイエンドオーディオシステムのいずれかを購入する予定で、25%は同じく6カ月以内にデジタルビデオカメラ、ノートPCの購入を検討している。76%は、友人たちから「最新技術を先取りしている」と言われており、61%は新しいハイテク機器を友人のなかで誰よりも早く購入すると評価されているという。

 音楽好きも多く、今後6カ月以内に71%がiPodを、43%がZuneを、28%がiPhoneを、24%はCreative LabsのMP3プレーヤーを購入しようと考えている。また64%が最低月に1度は映画館へ足を運び、91%が月に1度はDVD映画を鑑賞しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -