ニュース
» 2007年12月11日 15時49分 UPDATE

YouTube、ビデオ投稿者への広告収入分配を拡大

米国あるいはカナダ在住者なら誰でも、YouTubeに投稿したビデオから広告収入を得られる「パートナー」に申し込めるようになった。

[ITmedia]

 Google傘下の動画共有サイトYouTubeは12月10日、ビデオ投稿者が収入を得られる「YouTube Partner Program」を拡大した。米国とカナダのユーザーは自由に参加できる。

 このプログラムは5月に、人気コンテンツ投稿者に収入の機会を提供するものとして始まった。YouTubeが一部の投稿者を「パートナー」として、パートナーのビデオに広告をつけ、広告収入の一部を支払うというものだった。対象は、多数の視聴者を有し、YouTubeの利用規約を守っているビデオ投稿者に限られていた。

 今回のプログラム拡大で、米国あるいはカナダ在住者なら誰でもパートナーに申し込めるようになった。パートナーはどのビデオに広告をつけるかを選択し、広告収入の一部を受け取る。YouTubeはパートナー申請を、視聴数や利用規約の順守に基づいて審査する。

 同社は近いうちに、ほかの地域にもプログラムを拡大するとしている。

関連キーワード

動画共有サービス | YouTube | 広告 | Google


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -