ニュース
» 2007年12月18日 22時39分 UPDATE

プロジェクト進ちょく状況を管理・共有できる「fixdap」 ライブドア社内公募発

ライブドアは、プロジェクトの進ちょく状況を管理・共有できる「fixdap」を始めた。新規事業の社内公募で選ばれた第1弾企画。

[ITmedia]
画像 プロジェクトページ

 ライブドアは12月18日、プロジェクトの進ちょく状況などを管理・共有できるサービス「fixdap」を始めた。利用は無料で、携帯電話からも利用できる。

 ユーザー登録すると、プロジェクトのページを作成できる。プロジェクトページでは、自分が担当する業務の内容や進ちょく状況、完了予定日などを投稿し、プロジェクト参加者で共有できる。プロジェクト管理者は、プロジェクトの公開範囲や副管理者の設定が可能だ。

 Webサイト開発に関わる中小企業や、同窓会といったイベントを主催する幹事などの利用を想定。livedoor IDやOpenIDへの対応、サイト内の検索機能の追加、携帯サイトの機能強化なども行っていく。今後、企業向けにシステムを外販したり、海外展開にもつなげたい考え。

 同サービスは、新規事業の社内公募で選ばれた第1弾企画。同社がソフトウェア開発などを行う際、プロジェクトのバグを登録して修正状況を管理する「バグトラッキングシステム」を改良した。社内公募は定期的に行い、順次事業化していく予定。

関連キーワード

ライブドア | 無料


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -