ニュース
» 2008年01月25日 18時32分 UPDATE

VIA、「Isaiah」プロセッサアーキテクチャの詳細を発表

VIAは、新たなプロセッサアーキテクチャ「Isaiah」を2008年前半に投入する。

[ITmedia]
yu_via.jpg VIA Isaiahプロセッサ

 台湾のVIA Technologiesは1月24日、新x86プロセッサアーキテクチャ「VIA Isaiah Architecture」の詳細を発表した。

 VIA Isaiah Architectureは、アウトオブオーダー型スーパースカラーマイクロアーキテクチャ、マクロフュージョンおよびマイクロフュージョン機能、高度な分岐予測など、最新のマイクロプロセッサ技術を採用。高性能と省電力を実現、ノートPCやUMPCに適しているという。

 このアーキテクチャによる最初の製品は、動作周波数が最高2GHz、フロントサイドバスは800M〜1333MHz。2個の64Kバイト L1キャッシュと、1Mバイトの16ウェイ連想方式のL2キャッシュを持つ。

 また消費電力を削減し熱放出量を減らすため、新たな低消費電力回路技術に加え、アイドル時の消費電力を0ワットに限りなく近づけることが可能な「C6ステイト」をサポートしている。

 Isaiahによる第1世代のプロセッサは、65ナノメートルプロセス技術で製造され、現行のVIA C7プロセッサファミリーとピン互換性を持つ。出荷は2008年前半の予定。

関連キーワード

x86 | 台湾 | UMPC | 省電力


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -