ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年02月01日 08時27分 UPDATE

MS、「Microsoft Dynamics CRM 4.0」を8言語で提供開始

「Microsoft Dynamics CRM 4.0」がまず8言語版で登場。日本語版も90日以内にリリースされる。

[ITmedia]

 米Microsoftは1月30日、中小企業向けCRM(顧客関係管理)ソフトウェアの新版「Microsoft Dynamics CRM 4.0」の提供を開始した。

 まず英語、スペイン語を含む8言語版を発売。日本語を含むそのほか17言語版についても、90日以内にリリースする予定という。

 Dynamics CRM 4.0は、従来通り顧客企業側でインストールして使用するソリューションまたはWebベースのオンデマンドソリューションとして導入できるほか、ソフトウェアとオンデマンドサービスを組み合わせることもできる。同社は昨年12月に、4.0を製造工程向けにリリース(RTM)している。

 Microsoftは世界の企業ユーザーにDynamics CRM 4.0を体験してもらうため、同日から12週間のツアーを開始する。スペインのバルセロナを出発点として、世界20カ国50都市を回る計画という。

関連キーワード

CRM | Microsoft(マイクロソフト) | SaaS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.