ニュース
» 2008年02月01日 18時04分 UPDATE

気象情報をXML形式で 気象庁など、仕様策定開始

[ITmedia]

 気象庁と、XML技術の実用化を進める企業で構成するXMLコンソーシアムは2月1日、気象情報をXML形式で提供するための仕様策定作業を始めたと発表した。

 気象警報・注意報、台風情報、地震情報、天気予報などをXML形式で提供できるよう仕様を決め、気象や地震など異なる分野の情報を、ユーザーが統一的に扱えるようにする。

 仕様のドラフトを今年3月末から順次公開し、普及の啓発活動も行う。仕様策定後一定期間の試験運用を経て情報提供を始める予定だ。

関連キーワード

XML | 天気


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -