ニュース
» 2008年02月04日 18時26分 UPDATE

「スキージャンプ」作者の新作「オンリーピック」 YouTubeで作品募集も

「スキージャンプペア」の真島理一郎さんなどが、架空のオリンピック競技をテーマにした映像作品「オンリーピック」を制作する。YouTubeでユーザーから作品を募集してDVDに収録する予定だ。

[ITmedia]
画像 YouTubeの東京オンリーピックチャンネル

 ファンワークスや電通などが参加する「東京オンリーピック連盟」は2月4日、架空のスポーツをテーマにした映像作品「東京オンリーピック」を制作すると発表した。「スキージャンプペア」の真島理一郎さんが総監督を務め、15人のクリエイターが参加。YouTubeではユーザーからも作品を募集する。クリエイターとユーザーの作品をDVDに収録し、9月末に発売する予定だ。

 架空の夏季オリンピック競技をテーマに、クリエイターが実写やCG、クレイアニメなどで5〜10分ほどの作品を制作する。真島さんと、真島さんが選んだ14人のクリエイターが参加する。

 まずは同日、公式サイトと、YouTubeの「東京オンリーピックチャンネル」を開設した。

 東京オンリーピックチャンネルでは、予告編や参加クリエイターの過去の作品などを公開。架空のスポーツ競技や、「走る」「聖火リレー」など特定のテーマについて一般から動画を募集する投稿コンテストも開く。優秀作品はDVDにも収録する予定だ。

画像 公式サイト。競技委員長として紹介されている写真の男性は、実は真島さんの父親

 公式サイトは、架空の「国際オンリーピック委員会(IOPC)」が運営するサイトという設定。映像を制作する各クリエイターを「競技委員長」として写真付きで紹介している。

 公式サイトによると、オンリーピックは「Only Pictures」の略で、大会スローガンは「No.1にならなくてもいい。オンリー1のスポーツ大会になればいい」。さらに「2008年はオンリーピック元年。記念すべき第1回の大会は、日出ずる国の首都東京での開催となります」などと説明している。

 ファンワークスやデジタルハリウッド、キネマ旬報、電通などが参加する「東京オンリーピック連盟」運営する。北京オリンピック開催に合わせて8月には、映像作品を一般の人に見てもらうイベントも開く予定だ。

 ファンワークスの高山晃代表取締役は「Web2.0が始まって初めてのオリンピックイヤー。オリンピック同様、オンリーピックもネット上で盛り上がってほしい。これから4年に1度、オンリーピックをできれば」と話す。DVDの販売目標は「50万枚を売り上げた『スキージャンプペア』を超えるくらい」という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -