ニュース
» 2008年02月12日 16時24分 UPDATE

Googleのネット広告市場シェアが減少――IDC調査

Googleは第4四半期に米国での広告売り上げを約40%伸ばしたが、それでもシェアは減少した。

[ITmedia]

 オンライン広告市場における米Googleのシェアが2年ぶりに低下したと、市場調査会社IDCが2月11日に報告した。

 同社の調査によると、2007年第4四半期の米オンライン広告支出は前年同期比28%増の73億ドルだった。2007年通期では、前年比27%増の255億ドルとなった。消費者がオンラインで過ごす時間が増えるに伴い、企業が従来メディアからインターネットへ広告費を移していると同社は述べている。

 IDCはまた、第4四半期にGoogleの米国でのシェアが2年ぶりに低下したことを指摘している。米ネット広告市場に占める同社のシェアは、前四半期から0.5ポイント低下して23.7%となった。その原因は、Googleの国内売り上げの伸びが減速したことにあるという。Googleの米国内のネット広告売り上げ(パートナーに支払うトラフィック獲得コスト除く)は前年同期比で推定40%強伸びたが、前四半期の成長率50%を下回った。

 IDCによると、第4四半期のデータを基に計算すると、MicrosoftとYahoo!が合併したら米広告市場におけるシェアは約17%になる。それでもGoogleには及ばないが、MicrosoftとYahoo!が「個々に戦うよりもずっとチャンスは大きい」とIDCのプログラムディレクター、カルステン・ワイデ氏は述べている。

関連キーワード

Google | ネット広告


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -