ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年02月12日 17時31分 UPDATE

Mobile World Congress 2008:ウォークマン携帯、サイバーショット携帯の新モデルも発表

Sony Ericssonはタッチスクリーン搭載の携帯電話も発表した。

[ITmedia]

 Sony Ericssonは2月10日、スマートフォン「XPERIA X1」に加え、ウォークマン携帯やサイバーショット携帯の新モデルなどの新たな端末を発表した。

ah_W980.jpg

 折りたたみ型の新しいウォークマン携帯「W980」は、背面にディスプレイと音楽操作ボタンを配し、端末を開かなくてもウォークマン機能を利用できる。音質を高めるクリアステレオ、クリアベースを搭載、FMラジオも内蔵する。8Gバイトのメモリを内蔵し、最大8000曲を格納できる(eAAC+でエンコードした曲の場合)。Sony Ericssonが5月に立ち上げるワイヤレス音楽ダウンロードサービス「PlayNow arena」にも対応する。第3四半期に一部地域で発売の予定。

 サイバーショット携帯の新モデルは「C702」「C902」の2種。C702は防水防塵仕様で320万画素カメラを搭載し、GPS機能とモバイル版Google Mapsを備える。C902は独自のスライド式カバーが付いた500万画素オートフォーカスカメラを搭載する。ディスプレイの周りの光るタッチキーで、フラッシュや顔検出などを操作できる。これらモデルは第2四半期に一部地域で発売される。

ah_C702.jpgah_C902.jpg C702(左)とC902

 「G700」「G900」はタッチスクリーン搭載モデル。C700はアドレス帳、予定表などの電子手帳機能、320万画素カメラを搭載し、G900は電子手帳機能のほか、500万画素カメラ、Wi-Fi機能を搭載する。これらモデルは第2四半期に一部地域で発売の予定。

ah_G700.jpgah_G900.jpg G700(左)とG900
ah_Z770.jpg

 HSDPAネットワークに対応したWeb対応携帯「Z770」も発表された。Webサーフィンや最新ニュースの受信が簡単にできるよう設計されたモデルという。受信メールボックスに簡単にアクセスできる「電子メールセットアップウィザード」を搭載し、USBケーブルでノートPCにつないでモデムとして使うこともできる。モバイル版Google Maps、RSS機能も備える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.