ニュース
» 2008年02月14日 18時48分 UPDATE

「食と農」をITも支援 「Food Japan Network」始動

「食」を通じた地方活性化や、国内農林水産業の振興を目指す「Food Japan Network」のWebサイトがオープンした。富士通の秋草直之会長が代表幹事を務め、ITの側面からも支援する。

[岡田有花,ITmedia]
画像 秋草会長

 「食」を通じた地方活性化や、国内農林水産業の振興を目指す「Food Japan Network」が2月14日に本格始動し、Webサイトがオープンした。富士通の秋草直之会長が代表幹事を務め、ITの側面からも支援する。

 Food Japan Networkは、国内の農業や水産業と、国産の良質な農水産物を使った料理を出す地方レストランなどを応援するための団体。イタリアのスローフード運動日本版を目指しているといい、「物心両面で豊かな日本社会・日本食文化の振興を図る」としている。

 富士通の秋草会長と全国農業協同組合連合会(全農)の代表者が代表幹事を、早稲田大学の榊原英資教授やテレビ東京の島田昌幸社長、フランス料理店「プティポワン」シェフの北岡直伸さんなどが幹事を務める。

 Webサイト上で、食の安全や食材に関する情報を公開するほか、地元の食材を使った地方レストランに足を運んで1カ月に2店程度紹介し、「日本版ミシュランを目指す」としている。

 富士通の秋草会長は「当社の顧客にも加工食品企業や流通・小売り企業など食に関連する企業は多い。例えば高知県の馬路村は、ITを活用して特産のゆずを全国販売し、年間30億円を売り上げていると聞く。生産現場と食の現場とのコミュニケーションにITを利用できないか、考えていきたい」と話した。

関連キーワード

富士通 | 地域活性


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -