ニュース
» 2008年02月27日 11時17分 UPDATE

2足歩行で景品つかめ! ロボットベンチャーの起死回生策 (1/2)

起業以来、数台しか売れなかった65万円の2足歩行ロボット。どうすればもっと売れるのか――思いついたのは、クレーンゲームに応用するというアイデアだった。

[宮本真希,ITmedia]
画像 ロボットの高さは約30センチ。アームの幅は店側が128段階から設定できる

 秒速10センチで歩く、2足歩行ロボ。ゆっくりと景品に近づいて抱え上げ、穴に運んで落とす――「ロボキャッチャー」は、身長約30センチのロボットを、ボタン操作で動かして景品を取るというクレーンゲームだ。

 福岡市のロボットベンチャー・メカトラックスが開発した。創業者の1人で、2足歩行ロボットの競技大会「ROBO-ONE」で2連覇した経験を持つ古賀俊亘さんが技術開発リーダーを務める。


画像 ロボキャッチャー。左端の穴まで景品を運んで落とす

 起業は2005年12月。古賀さんがROBO-ONEで使った2足歩行ロボットを改良した「KRB-1」を販売してきたが、価格は65万円と高価で、これまでに売れたのは5台ほどだ。

 KRB-1は、ロボット用のOSやマイコン基板などを搭載して検証するプラットフォームとして、大学の研究機関などで使われている。「趣味で欲しいという人もたまにいたが、一般向けには売れなかった」と、もう1人の創業者・永里壮一社長は話す。

 どうすれば売れるのか。同社が思いついたのは、アミューズメント施設向けの製品に応用するというアイデアだった。

「ベンチャーが作った1500万円のゲーム機なんて買わない」

画像 「社員は4人、アルバイトが1人。わたし以外は皆、開発者です」と永里壮一社長

 コントローラーでロボットを操り、ステージ上で戦う――最初に企画したのはそんなゲーム機だったが、試算すると売価は1500万円にもなった。ゲームセンターに話してみたが、「セガやナムコが作った機械ならともかく、ベンチャーが作った1500万円のゲーム機なんて買わない」と言われた。

 次に目を付けたのが、クレーンゲームへの応用だ。「全く新しいものを作るより安く開発できる」と思ったからだ。

 永里社長によると、全国のクレーンゲーム機による売り上げは年間約2000億円。ゲームセンターの売り上げの3割ほどを占めているという。

 「クレーンゲームはゲームセンターの主力商品だが、差別化が難しい。景品で差別化するのではなく、ロボットを使った新しいゲーム機を作れば、ゲームセンターが受け入れてくれるんじゃないか」

“手作り”の試作機

画像 AOU2008アミューズメント・エキスポ(今年2月)の様子

 試作機は2006年秋ごろから作り始めた。中古のクレーンゲームを購入し、ホームセンターで買ってきた蛍光灯やベニヤ板、布で装飾した。

 ロボットはKRB-1を改造したブラックボディ機。長時間稼動に耐えられるよう、関節のモーターをより耐久性の高いものに変更した。自由度は19と、KRB-1の21より減らしてコストダウン。身長はKRB-1より7センチ小さい約30センチで、毎秒10センチで歩く。

 アームの長さは約20センチ。景品をつかむ際のアームの開き具合は、ゲームセンター側に128段階から調節できるようにしてもらった。持ち運べるのは最大200グラムまでの景品。背面でケーブルとつながっており、ゲーム機の外からボタンで操作できる。

 試作機には不具合もあった。景品を持ったまま歩くとロボットがバランスを崩す、床にすべって転倒する、アームにケーブルがからまる――などで、何とか修正して「AOU2007アミューズメント・エキスポ」(昨年2月)に間に合わせた

 「半信半疑で出展したけどかなり評判が良かった。20〜30代のゲーム好きの男性にうけるかと思っていたら、女性からも『かわいい』と想定外の人気だった」。ロボキャッチャーに1時間待ちの行列もできたという。

 「これは良いアイデア」「キャタピラで動くロボットかと思ったら、2足歩行とは」――ゲームセンター側からの評価も高く、手ごたえをつかんだ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -