ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年02月28日 12時38分 UPDATE

Intel、組み込み向け新クアッドコア「Xeon 5400」シリーズ発表

Intelが45nmプロセスを使った組み込み市場向けの新しいプロセッサとチップセット、ラックサーバを発表した。

[ITmedia]

 米Intelは2月27日、組み込み市場向け新プロセッサ、チップセット、キャリアグレードサーバを発表した。また新プロセッサについては、ライフサイクルサポートを従来の5年から7年に延長することも明らかにした。

 新プロセッサは2シリーズ。クアッドコアの「Intel Xeonプロセッサ5400シリーズ(E5440、L5408)」、およびデュアルコアの「Intel Xeonプロセッサ5200シリーズ(E5240、E5220、L5238)」は、いずれも同社のHigh-kメタルゲートトランジスタ方式を採用、45ナノメートル(nm)プロセスで製造されている。

 新プロセッサに対応するチップセット「Intel 5100 Memory Controller Hub(MCH)」も発表。ストレージ、ルータ、セキュリティ製品、医療製品、通信アプリケーションなどのメモリインテンシブな用途向けという。

 ラックマウントサーバの新製品「Intel Carrier Grade Server TIGH2U」は、ハイエンドな通信アプリケーションにおいて、電力効率と処理性能の向上を実現する。またIPネットワークサーバの従来機種「Carrier Grade Server TIGW1U」「IP Network Server NSW1U」「IP Network Server NSC2U」の新プロセッサ対応も併せて発表した。

 L5238以外の新プロセッサは同日出荷開始で、価格は321〜690ドル。L5238は4月の出荷予定としている。チップセットは同日出荷開始で、価格は76ドルから。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.