ニュース
» 2008年02月28日 16時10分 UPDATE

DS用液晶でカルテルの疑い 公取委、シャープと日立子会社に立ち入り検査

「ニンテンドーDS」用液晶パネル納入をめぐり、シャープと日立ディスプレイズが価格カルテルを結んでいた疑いがあるとして、独占禁止法違反の疑いで、公取委が両社を立ち入り検査した。

[ITmedia]

 任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」用液晶パネル納入をめぐり、シャープと日立ディスプレイズが価格カルテルを結んでいた疑いがあるとして、公正取引委員会は2月28日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、両社を立ち入り検査した。

 報道などによると、DSとDS Liteに使われているTFT液晶パネルは両社だけが納入しており、両社で話し合って価格を決め、値崩れを防いでいた疑いがもたれている。

 両社は公取委の検査が入ったことを認め、シャープは「詳細は確認中」、日立ディスプレイズは「検査に全面的に協力する」とコメント。任天堂は「事情を把握しておらずコメントできない」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -