ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年03月03日 18時40分 UPDATE

「立て看」にムービーが 裏を見ると──カシオが新製品

ムービーが流れる「立て看」──カシオが発売する「ムービー立て看」はデータプロジェクターを活用しているのがミソ。

[ITmedia]
photo プロジェクター2台で上下にムービーを投影することも可能

 カシオ計算機は3月3日、データプロジェクターとスクリーン一体型の立て看板をセットにした「ムービー立て看」を17日に発売すると発表した。データプロジェクターの新しい使い方を提案するとしている。オープン価格。

 B5ファイルサイズ・最薄部32ミリの「スーパースリムプロジェクター」と、プロジェクター用スクリーン一体型の立て看板がセット。立て看板の裏側にプロジェクターを設置して投影する仕組み。プロジェクターはUSBホストに対応し、動画を保存したUSBメモリを差し込めば、本体だけで動画を再生できる。

 立て看板はスクリーンを自由にレイアウトでき、文字や写真などをフィルム表面にプリントできる。折り畳みが可能で、展示会やイベント会場で容易に設営できるとしている。

 3月4日〜7日の「リテールテック・ジャパン 2008」(東京ビッグサイト)に出展する。

関連キーワード

プロジェクタ | カシオ計算機


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.