ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年03月05日 16時07分 UPDATE

デジタルペンがタイムレコーダーに DNPが就業管理システム開発

デジタルペンを使った就業管理支援システムを大日本印刷が発売する。専用の打刻カードにペンでタッチするだけで、勤務時間を記録できる。

[ITmedia]
画像

 大日本印刷は3月5日、デジタルペンを使った就業管理支援システムを開発し、5月に発売すると発表した。専用の打刻カードにデジタルペンでタッチすると、出勤・退社時刻、休憩時間などを記録する。

 記入した文字や絵をそのままデジタルデータとしてリアルタイムに記録し、PCや携帯電話などに送信できるアノト方式デジタルペンを活用する。

 専用打刻カードにあらかじめIDを設定した。カード表面に書かれた「出勤」「退勤」「休憩開始」「休憩終了」といった項目をデジタルペンでタッチするだけで、個人の勤務時間を記録。そのデータを就業管理サーバで保存し、CSV形式で出力できる。

 カードの専用欄にデジタルペンで、遅刻や残業理由、管理者のサインなどを書いて画像として保存することも可能だ。

 人材派遣会社や、派遣社員を多く使うイベント業・製造業などに積極的に販売し、就業状況の適正な管理や業務の効率化に役立ててもらう。同社が人材派遣会社と共同で、派遣社員9人を対象に行った実証実験では、就業管理に関する業務の処理時間が、従来と比べて80%削減できたという。

 08年度は10社の採用を見込む。発売前に同システムを試験運用できるお試しパック(7万5000円)も用意した。デジタルペン1本、派遣社員用の打刻カード9枚、派遣社員の管理者用のカード1枚、就業管理サーバが使える。

 同システムは「IC CARD WORLD 2008」(東京ビッグサイト、3月7日まで)で展示する。

関連キーワード

大日本印刷 | アノトペン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.