ニュース
» 2008年03月07日 21時13分 UPDATE

受信料払った人向けネットサービス「NHK+ID」

NHKが受信料を払った人向けのネットサービスを始める。NHK主催のイベントの割引チケットをダウンロードしたり、番組情報をメールで受け取れる。

[ITmedia]

 NHKは、受信料を支払っているユーザーのみ全サービスを利用できる会員制サイト「NHK+ID」を3月11日に始める。NHK主催イベントの割引チケットダウンロードや、気になる番組情報をメールで受け取るサービスなどを提供する。

 利用には住所・氏名の登録が必要。登録情報から受信料を支払っているかどうかを確認し、支払っている場合は全サービスが利用可能になる。NHKが視聴者に郵送している郵便物にもIDと仮パスワードを記載。これがあれば住所などの登録は不要だ。

 利用できるサービスは、キーワードや番組名を登録しておくと放送日をメールで知らせる「番組表ウオッチ!」、公開番組の観覧募集やイベントの告知をメールで知らせる「イベントインフォメーション」、出演者のインタビューや番組制作の裏側などを紹介するNHKの番組情報誌「ステラ」のネット版、主催イベントの割引券ダウンロードサービスなど。

 受信料契約や請求の内容を確認したり、住所変更の申し込みも可能だ。サイト上で受信料の手続きを行うと、ポイントを貯めることができ、番組グッズや観覧チケットに交換できる。

関連キーワード

NHK | ネットサービス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -