ITmedia NEWS >
ニュース
» 2008年03月13日 18時26分 UPDATE

「iGoogle」がアーティストとコラボ 「アトム」やリリー・フランキーさんも参加

アーティストがデザインした画像やガジェットを使ってiGoogleをカスタマイズできるサービスが始まった。iGoogleになじみのない一般層にアピールする狙いだ。

[宮本真希,ITmedia]
画像 手塚治虫バージョン

 リリー・フランキーさんのイラストを背景に設定したり、鉄腕アトムの時計を表示したり――グーグルは3月13日、9組のアーティストがデザインした画像やガジェットを使って、ユーザーポータル「iGoogle」をカスタマイズできる「アーティストiGoogle」を始めた。日本で先行スタートし、今後海外でも始める。

 「My Yahoo!」などと比べると、マイポータルとしての存在感が薄いiGoogle。有名アーティストのデザインと知名度を借り、これまでGoogleとなじみのなかった層にアピールする狙いだ。六本木ヒルズなどで体験イベントも実施し、ネットの“外”でもアピールしていく。

アトムやレオも

 iGoogleは、Googleが提供するさまざまなツールを組み合わせてオリジナルのマイページを作れる機能。Googleの検索窓のほか、ニュースや天気、Gmailの受信トレイへのリンクやYouTube動画のサムネイル画像、カレンダーや時計などから選べる。

 メニューに、アーティストがデザインしたイラストやガジェットを追加した。イラストレーターのリリー・フランキーさん、建築家の隈研吾さん、ファッションブランド「A BATHING APE」プロデューサーのNIGOさんなどが参加したほか、手塚治虫さんの漫画キャラクター・鉄腕アトムが描かれた背景画像や時計、「ジャングル大帝」レオのカレンダーもある。

画像 「原稿は万年筆で書くし、メールもほとんど使わないが、ネットはエロ動画を見るために毎日使ってる。自分がデザインしたガジェットを使っている人を見たら、好きになりそう」とリリー・フランキーさん

 フランキーさんは「毎日見ても飽きない」をテーマに、東京タワーと桜の木が描かれた背景画像や、犬のイラスト付きのデジタル時計を公開。隈さんは、自身が設計した「那珂川町馬頭広重美術館」の写真を紹介するガジェットなどを公開した。

 アーティストiGoogleの体験イベントも行う。「京都・東山花灯路 2008」(京都市、3月14〜23日)ではアーティストのデザインをモチーフにした灯ろうを展示。東京・六本木ヒルズでは、iGoogleの体験コーナーを備えた「iGoogle ArtCafe」(4月12〜24日)をオープンする。iGoogleをモチーフにしたオリジナルメニューが楽しめるという。

Googleの世界を広げたい

画像 アーティストiGoogleの発表会は能楽堂で実施。参加アーティストの日比野克彦さん(右)は「能楽堂で発表したり、京都でイベントを開くなんて、Googleはどこへ向かおうとしているんですか? つかみきれない企業ですね」とコメントしていた

 同社の村上憲郎社長は「Googleは当初、ITリテラシーの高いユーザーが多かったが、徐々にいろいろな方に使ってもらえるようになった。アーティストに協力してもらって、Googleの世界を広げていきたい」と話した。

 同社の岩村水樹マーケティング本部長は「iGoogleは、便利で使いやすく、楽しいという3つの方向性で進化してきた。今回のテーマは“Internet Meets Art”。ユーザーとアーティストを結びつけ、ユーザーがよりネットを楽しむきっかけになれば」と述べた。


画像 リリーフランキーさん
画像 隈研吾さん
画像 NIGOさん

関連キーワード

iGoogle | Google | デザイン | ガジェット | 手塚治虫


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.