ニュース
» 2008年03月24日 17時34分 UPDATE

魚眼レンズで地図を拡大してみると──アルプス社「Fish-Eye」

地図の一部を魚眼レンズでのぞいたように拡大する「Fish-Eye」が、「ALPSLAB」で公開された。

[ITmedia]
画像

 アルプス社は3月24日、地図上で指定した場所だけを魚眼レンズでのぞいたように拡大して表示する「Fish-Eye」を、実験サイト「ALPSLAB」で公開した。名古屋工業大学の高橋直久・片山喜章研究室と共同で開発した。

 地図上をクリックすると、その周辺を円形に拡大する。拡大部分を通る道路や線路を分断することなく、拡大していない部分につなげて表示するため、拡大している部分としていない部分にまたがるルートをたどる――といったことも容易だ。

 「携帯電話など小さな画面で利用するのに有効な技術」とし、実用化に向けて研究を進める。

 企業や行政、大学研究室などと共同開発するプロジェクト「ALPSLAB joint」の一環。参加する団体も募集中。

関連キーワード

ALPSLAB | 地図


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -