ニュース
» 2008年03月27日 19時53分 UPDATE

田舎暮らしはいかが?――会津の空き家の紹介サイト

会津地方の空き家情報を紹介するサイトがオープンした。田舎暮らしを考えている人向けに、会津地方での定住や、2地域居住を提案する。

[ITmedia]
画像

 福島県会津地方振興局は3月27日、県内6市町村の空き家情報などを紹介するサイト「空き家・地域情報サイト」を公開した。田舎暮らしを考えている人の定住や2地域居住を推進する。

 喜多方市、西会津町、柳津町、三島町、金山町、昭和村の空き家情報を紹介する。地域や、「温泉」「釣り」など条件を指定して検索すると、空き家の写真、広さや築年数といった基本情報を確認できる。メールで各市町村に問い合わせることも可能だ。現在28件の情報を掲載している。

 過疎対策や、定住・二地域居住を推進するため、会津大学短期大学部の学生と協力し、2007年度から空き家のデータベースを構築してきた。「空き家を“地域の宝”と考え、空き家の活用法を検討してきた」という。

 地域の紹介文や、ほかの都道府県から移住した人のインタビューも掲載。今後、空き家情報の対象地域を広げていく。

 「会津は自然豊かな魅力ある地域。サイトをきっかけに、空き家の活用に限らず、自然や歴史、風土、人柄に興味を持ち、人々との交流が生まれることを期待する」としている。

関連キーワード

地方自治体 | 地域情報検索 | 地域活性


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -