ニュース
» 2008年04月04日 09時00分 UPDATE

黒い「Friio」登場 BS/CSデジタル専用うたう

コピーワンス制限がかかったデジタル放送をコピーフリー化する台湾製デジタルチューナー「Friio」(フリーオ)に、BS/CSデジタル放送専用のブラックモデルが登場した。4月4日に発売されるようだ。

[ITmedia]
画像

 コピーワンス制限がかかったデジタル放送をコピーフリー化する台湾製デジタルチューナー「Friio」(フリーオ)に、BS/CSデジタル放送専用のブラックモデル「Friio BS/CS」(3万2800円)が登場した。4月4日にWebサイトで発売されるようだ。

 Friioは、B-CASカードを挿入してPCに接続するデジタルチューナーだが、コピーワンスの番組が何度でもダビングできるようにする機能を持つ。地上デジタルテレビ用のホワイトモデル(2万9800円)は昨年10月に数量限定で発売し、これまで何度か再発売されているが、そのたびに完売している。

画像 ブラックモデル公式サイトの告知ページは4日午前8時現在、なぜか「ぬるぽ」だらけだった

 ブラックモデルはBS/CS専用だが、それ以外の仕様はホワイトモデルとほぼ同じ。USBバスパワーで駆動し、対応OSはWindows XP/Vista。ハードウェアオーバーレイ表示可能なグラフィックスカードが必要。サイズは38(幅)×170(高さ)×180(奥行き)ミリ。

 総務省の情報通信審議会はFriioの登場を受けて昨年12月、デジタル放送を無制限にコピーできる機器の規制の検討を始めている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -