ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2008年04月04日 09時19分 UPDATE

衛星回線・仮想化で小笠原村の行政システムをアウトソーシング 日立情報システムズ

1000キロを克服するアウトソーシング──日立情報システムズは、小笠原村に衛星回線と仮想化技術を活用した総合行政システムを導入した。

[ITmedia]

 日立情報システムズは4月3日、東京都小笠原村に衛星回線と仮想化技術を活用したアウトソーシング型総合行政システムを導入し、1日から稼働したと発表した。衛星回線を利用したアウトソーシングサービスで自治体の総合行政システムを運用・サポートするのは国内初としている。

photo

 同社データセンタに設置したブレードサーバを専用で貸し出す「ブレード専有型ホスティングサービス」と、総合行政システム「e-ADWORLD」を組み合わせた。首都圏から1000キロ離れた小笠原村とデータセンター間のネットワークには同社の衛星通信サービスを利用。VMwareによる仮想化技術とシンクライアントを採用し、職員が使うPCを一元管理できるようにした。

 都内のデータセンターでサーバを運用するため、台風などの自然災害に対する安全性も確保しているという。衛星回線によるテレビ会議システムも導入し、タイムリーな遠隔サポートにも対応した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.