ニュース
» 2008年04月08日 14時25分 UPDATE

Googleのインフラでアプリを動かせる「Google App Engine」

Google App Engineでは、自作のアプリケーションをGoogleのインフラで動かすことができ、自動的なスケーリングや負荷分散などが利用できる。

[ITmedia]

 米Googleは4月7日、開発者が自作のWebアプリケーションをGoogleのインフラで走らせることができるツール「Google App Engine」のプレビュー版を立ち上げた。

 開発者はGoogleが自社アプリケーションで使っているのと同じ機能を利用でき、アプリケーションの構築とメンテナンスが容易になり、トラフィックやデータ量の増加にも簡単に対応できるとしている。

 App Engineは一般的なWeb技術をフルサポートし、ストレージ、ユーザー認証やメール送信用のGoogle API、自動的なスケーリングや負荷分散などを提供する。利用者はappspot.comドメイン上で自由なドメイン名を使って、あるいはGoogle Appsを使って自分のドメインでアプリケーションを提供できる。アプリケーションは公開することも、社内メンバーだけにアクセスを限定することも可能だ。対応言語は現時点ではPythonのみだが、今後サポートを拡大するという。

 プレビュー版はまだ機能がそろっていない状態で、先着1万人のみが登録できる(登録は無料)。プレビュー期間中は、アプリケーションのストレージは500Mバイト、CPUは1日200万サイクル、帯域は1日10Gバイトに制限される。いずれは有料で追加リソースを購入できるようにするとしている。

 同様のサービスは米Amazonにもあり、オンラインストレージ「S3」やWebデータベース「SimpleDB」などを提供している。

関連キーワード

Google | Webアプリケーション


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -