ニュース
» 2008年04月09日 08時30分 UPDATE

HP、500ドルのミニノートPCを発表

HP 2133 Mini-Note PCは8.9インチ液晶で、1.19キロ。無線LANやWebカムを搭載する。

[ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は4月8日、500ドルを切る価格のフル機能ミニノートPCを発表した。

 この「HP 2133 Mini-Note PC」は教育市場向けで、学生が学校でも自宅でも使えるよう設計したとしている。重さは1.19キロから。

2133

 2133は傷がつきにくい8.9インチWXGAディスプレイ、フルキーボードとタッチパッドを備え、キーボードには特殊コーティングでキー印字を保護する「HP DuraKeys」を採用している。内蔵の3D加速度計チップを使って、突然の動きや衝撃が加わったときにHDDに停止信号を送る「HP 3D DriveGuard」も組み込んでいる。

 Wi-Fiネットワークに接続可能で、オプションでBluetooth接続機能を加えることも可能。Webカムを搭載しており、WebカンファレンスやビデオIMが可能。バッテリーは3セルの軽量版が標準だが、オプションで持続時間が長めの6セル版を選べる。

 またオプションで、Absolute Softwareのセキュリティサービスの「Computrace」が提供される。これは、PCが盗まれたり紛失した際の追跡やデータの保護に役立つという。

 OSはSUSE Linux、Windows Vistaなどから選択可能。メモリは512Mバイトまたは1Gバイト。Express Card/54スロットを1基備える。最も安い構成は、SUSE Linux、512Mバイトメモリ、4GバイトSDD搭載で499ドル。4月15日に発売の予定だ。

 HPはこの日、教育者のためのオンラインコミュニティー「Teacher Experience Exchange」をMicrosoftとともに開設したことも明らかにした。教師が議論したり、学んだりするためのワンストップリソースを目指すという。

関連キーワード

Eee PC | ノートPC | Classmate PC | HP | UMPC


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -