ニュース
» 2008年04月09日 09時30分 UPDATE

3D仮想空間「meet-me」インフラに日本HPのブレード採用

ココアが正式公開した3D仮想空間「meet-me」のサービスインフラに、日本HPのブレードサーバシステムが採用された。

[ITmedia]

 ココアが4月8日に正式公開した3D仮想空間「meet-me」のサービスインフラに、日本ヒューレット・パッカードのブレードサーバシステムが採用された。

 採用されたのは、同社の「BladeSystem c-Class」。統合管理モジュール「Onboard Administrator」によるリモート監視機能や信頼性、ユーザーの増加にブレードの追加で対応できる柔軟な拡張性などが評価されたとしている。昨年12月からの試験運用を経て本番稼働になった。

 日本HPは「ユーザーの増減への柔軟な対応や、ミッションクリティカルなインフラの必要性など、ブレードサーバに適した分野」として3D仮想空間分野のノウハウを蓄積し、注力していく。ココアとHP日本研究所で仮想空間の共同研究にも取り組んでいる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -