ニュース
» 2008年04月11日 08時30分 UPDATE

YouTube、ビデオ視聴解析ツールにアクセス元情報機能を追加

新機能により、YouTubeビデオクリップの視聴者がどの検索やリンクをたどって来たかが分かる。

[ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは4月10日、ビデオクリップの視聴データ解析ツール「YouTube Insight」に「Discovery」タブを追加した。視聴者がそのビデオクリップをどうやって「発見」したのかを、ビデオ投稿者に知らせる機能だ。

 YouTube Insightは、ビデオクリップの地域別視聴頻度などのデータを表示する。Discoveryタブでは、ビデオクリップを視聴したユーザーが、YouTubeやGoogleでの検索でアクセスしてきたのか、YouTube上の「関連ビデオ」リンクから来たのか、メールやWeb上のリンクから来たのか、などを表示する。

 YouTube Insightは「My account」メニューの「My Videos」から「About this Video」ボタンをクリックすると表示される。「About this Video」ボタンの名称は、近日中に「Insight」に変更される予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -