ITmedia NEWS >
ニュース
» 2008年04月14日 13時00分 UPDATE

楽天がソーシャルカレンダー ワンクリックでイベント情報取得

楽天がスケジュールを管理・共有できるソーシャルカレンダーを公開した。あらかじめ用意されたイベント情報をワンクリックで自分のカレンダーに取り込める。

[ITmedia]
画像

 楽天は4月14日、スケジュールを管理・共有できるカレンダー「楽天カレンダー」β版を公開した。プロ野球の試合日程やCDの発売日情報など、あらかじめ用意された「イベント情報カレンダー」をワンクリックで自分のカレンダーに登録できる。楽天市場の店舗主など向けにキャンペーン情報を公開するための販促ツールとしても訴求していく。

 カレンダーにイベントを書き込んだり、リマインダーを設定できる。Web上に公開したり、楽天会員のほかのユーザーと共同でスケジュールの編集も可能だ。カレンダーをブログに貼り付ける機能も備えた。

 プロ野球の試合日程や楽天市場のキャンペーンスケジュール、CDや家電の発売日など、楽天があらかじめ用意した「イベント情報カレンダー」や、ユーザーが公開しているカレンダーを、ワンクリックで自分のカレンダーに取り込める。

 楽天市場の出店主が期間限定のキャンペーン情報をカレンダーで公開するなど販促ツールとしての利用や、複数のユーザーが特定のテーマの情報を集めたカレンダーを作成するといった使い方を想定している。

 来年までに、「楽天トラベル」「楽天オークション」など他サービスと連携させる予定。ホテルの予約日や、オークションの入札終了日などを自動でカレンダーに取り込めるようにする。

 特定のユーザーとカレンダーを共有する機能や、携帯サイト、ブログパーツも公開していく。楽天市場のタイムセール商品などのページに「カレンダーに追加」ボタンを表示する機能も実装する予定だ。

関連キーワード

カレンダー | 楽天 | イベント | β版


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.