ニュース
» 2008年04月18日 08時30分 UPDATE

Nokia、増収増益も今後の市場見通しには消極的

Nokiaの1〜3月期決算は、売上高は前年同期比28%増、純利益は25%増。今年の世界携帯電話市場は台数ベースでは拡大するが、金額ベースでは前年を下回るとみている。

[ITmedia]

 フィンランドのNokiaが4月17日発表した第1四半期(1〜3月期)決算は、売上高は前年同期比28%増の126億6000万ユーロ、純利益は同25%増の12億2200万ユーロ(1株当たり0.32ユーロ)だった。

 携帯端末の出荷台数は1億1550万台で、前年同期を27%上回ったが、10〜12月期と比較すると12%減だった。地域別では、中南米(前年同期比63%増)、アジア太平洋地域(44%増)、中国(34%増)、中東・アフリカ地域(29%増)、欧州(7.5%増)での出荷が伸びた一方、北米では46%減。市場シェアは前年同期の36%を上回る39%に達したとみているが、前四半期の40%からは減少した。

 平均販売価格(ASP)は79ユーロで、前年同期の89ユーロ、前四半期の83ユーロから下落。低価格製品の比率が増えたことと、ドル安の影響が主な理由だとしている。

 独Siemensとの合弁による通信機器会社Nokia Siemens Networksの売上高は、季節要因を反映し、前四半期を26%下回る34億ユーロだった。コスト削減は計画通りに進んでいるという。

 今年の携帯端末市場について同社は、出荷台数は前年を10%程度上回るが、売上高(ユーロベース)は米国経済の減速や欧州での景気後退の可能性、ドル安影響などで前年を下回り、ASPも、新興諸国での販売増により若干下がるとみている。同社の市場シェアについては、第2四半期は第1四半期を上回り、通年でも前年以上のシェアを確保するとみている。

関連キーワード

Nokia(ノキア) | 決算


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -