ニュース
» 2008年04月22日 09時59分 UPDATE

富士通、データを自動暗号化するHDD発売 初の256ビットAES対応

富士通は、データを自動的に暗号化して記録する2.5インチHDDを5月末に発売する。HDDとしては世界で初めて256ビットのAES暗号に対応した。

[ITmedia]
photo

 富士通は、データを自動的に暗号化して記録する2.5インチHDD「MHZ2 CJ」シリーズを5月末に発売する。HDDとしては世界で初めて256ビットのAES暗号に対応し、セキュリティを高めた。

 毎分7200回転の320Gバイトタイプ(Serial ATA)。256ビットAES暗号回路を内蔵し、データを自動的に暗号化してディスクに記録する。ソフトウェアによる暗号化と異なり、PCのメモリ内に鍵情報を持たないため、強固に鍵を管理でき、CPUに負荷をかけないメリットもあるとしている。

 HDD内の全データを1秒以下で完全に無効化するという「データ瞬間無効化機能」も備え、PC廃棄時の作業が不要になるという。

 価格は個別見積もり。2008年度に同シリーズで合計200万台の販売が目標。

関連キーワード

暗号化 | 富士通 | 2.5インチHDD


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -