ニュース
» 2008年05月20日 09時48分 UPDATE

NECと日産、自動車用リチウムイオン電池を事業化

NECと日産自動車は、電気自動車やハイブリッド車などに使うリチウムイオン充電池の量産に乗り出す。日産が日米で投入する電気自動車などに搭載される予定。

[ITmedia]
photo ラミネート型のセル

 NECと日産自動車は5月19日、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)などに使うリチウムイオン充電池を事業化し、量産に乗り出すと発表した。3年間で120億円を投じて生産ラインを2009年度までに構築、初年度に1万3000台分を生産する計画だ。

 両社で共同出資する「オートモーティブエナジーサプライ」(AESC、神奈川県相模原市)が、日産座間事業所(同県座間市)内にリチウムイオン充電池の生産ラインを新設。2011年には6万5000台分まで生産能力を引き上げる計画だ。

 新設ラインは、リチウムイオン充電池のセルからモジュール、パックまでを生産する。電極はNECトーキンが供給。NECトーキンは今後3年間で110億円を投資し、NEC相模原事業場内に生産ラインを構築する。

photo EV用パック(左)とモジュール(右前)、セル

 AESCのリチウムイオン充電池は、NECが研究開発を続けてきた、マンガンによる「スピネル構造」を採用。過充電時の熱暴走が起きにくい上、マンガンの採用で低コスト化できるとしている。セルは薄型のラミネート構造で、一般的な円筒形セルと比べ、全体を小型化できるのも特徴。EV用のエネルギー密度は160ワット時/キログラム。

 日産はゼロエミッションを達成できるEVの普及を目指しており、まず09年に電動フォークリフトに、10年には日米で投入するEV向けに搭載する計画。AESCは国内外のメーカーにも販売していく予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -