ニュース
» 2008年05月22日 16時29分 UPDATE

Webサイト共同編集ツール「Google Sites」が一般公開

これまで「Google Apps」の一部として企業などに提供されていたGoogle Sitesを、誰でも使えるようになった。

[ITmedia]

 米Googleは5月21日、Webサイト共同編集ツール「Google Sites」を一般公開した。

 Google Sitesは、複数のユーザーが共同でWebサイトを構築し、情報を共有できるツール。これまでは「Google Apps」の一部として、自社ドメイン内にWebサイトを設けたいという企業や団体向けに提供されていた。

 今回の発表により、誰でもGoogle Sitesを利用して、無料で「http://sites.google.com/[自分のサイト]」にサイトを設置できるようになった。ユーザーはHTMLの知識がなくても、簡単にシングルクリックでWebページを作成し、編集できるという。Google Calendarの予定表、YouTubeのビデオ、Google Docsの文書など、ほかのGoogleアプリケーションの情報を組み込むこともでき、作成したサイトは特定のユーザーだけに公開することも、全世界に公開することもできる。

ah_sites.jpg

関連キーワード

Google | コラボレーション


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -