ニュース
» 2008年05月23日 08時31分 UPDATE

北陸先端科学技術大学院大学、801.11n無線LANを大規模導入

北陸先端科学技術大学院大学が、シスコのIEEE 802.11n(Draft 2.0)対応コントローラー型無線LANアクセスポイントを159台導入した。

[ITmedia]

 シスコシステムズは5月22日、北陸先端科学技術大学院大学が、IEEE 802.11n(Draft 2.0)対応のコントローラー型無線LANアクセスポイントを159台導入したと発表した。同規格対応のコントローラー型無線LANアクセスポイントの大規模導入としては「世界的に先進的な事例」という。

 導入したのは、シスコの「Aironet 1250」シリーズ。従来の「Aironet 1130」141台と合わせ、アクセスポイントは合計300台になった。

 コントローラー型無線LAN環境の導入で、全アクセスポイントを1つの管理コンソールで集中管理できるなどのメリットがあるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -