ニュース
» 2008年05月26日 17時46分 UPDATE

「ウィルコムはガラパゴスを目指さない」──「03」「CORE」発表

シリーズの集大成という「WILLCOM 03」や次世代PHS「WILLCOM CORE」を発表したウィルコムの喜久川社長。「ガラパゴスケータイは目指さない」と国内事業者と一線を画す姿勢を明確に。

[ITmedia]

 「ウィルコムが目指すのはガラパゴスケータイではない」──ウィルコムは5月26日、新スマートフォン「WILLCOM 03」や、次世代PHSのブランド名「WILLCOM CORE」などを発表した。喜久川政樹社長は都内で開いた発表会で、スクリーンに映したガラパゴス島の写真をバックに、国内の携帯電話事業者とは一線を画していく姿勢を明確に示した。

photo 喜久川社長が発表した新キャッチコピーは「もうひとつの未来。」

 ヒットしたストレート型「Honey Bee」の新色モデルは、同社が重視する「生活密着型」端末ラインアップの拡充が狙い。本年度第4四半期にはFeliCa対応端末も発売する計画だ。

photo WILLCOM 03

 1年ぶりとなるスマートフォンの新機種「WILLCOM 03」(シャープ製)は、国内スマートフォン市場を開拓した「W-ZERO3」シリーズの「集大成」として投入する。従来モデルはビジネス利用を意識したデザインだったが、「03」は鮮やかなカラーリングを採用したほか、電話帳機能を一般の端末と同様の使い勝手に改善するなど、一般ユーザーでも抵抗なくスマートフォンを活用できるように工夫した。

 発表会では米Microsoftのビル・ゲイツ会長のビデオメッセージを披露。ゲイツ会長は「モバイルはいま大変面白い時期にさしかかっている。03の成功を確信している」と歓迎した。

photophoto 「03」はシリーズ最小。ゲイツ会長も期待する

「次世代PHS、いかに普通のユーザーに使ってもらえるか」

 次世代PHS「CORE」(Communication Of Revolution&Evolution)は来年春に東京の一部でスタートし、同年秋には大阪などの大都市圏にも拡大する計画。現行PHSと同様、16万局のマイクロセルネットワークを活用して都市部でも安定した通信を提供し、最終的には上り/下り最大100Mbps以上の通信速度を目標に掲げる。

photo 「CORE」が目指すスペック

 サービス開始当初の速度は検討中だが、喜久川社長は「最高速で3Gに負けることがあったが、次世代PHSで払拭される。次はいかに普通のユーザーに使ってもらえるかが課題になる」と話す。

 このため基地局にカメラやセンサーを設置し、自動車情報システムなどと連携させるサービスを検討。ワイヤレスブロードバンドサービスを、カーナビなどを通じて浸透させていく狙いだ。このほど約30社が参加する研究会を発足。参加企業などは27〜28日に開く「WILLCOM FORUM&EXPO」で紹介する予定だ。喜久川社長は「日本の携帯電話会社は垂直統合的だが、ウィルコムは今後もオープンに水平展開していく」と話していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -