ニュース
» 2008年05月27日 14時28分 UPDATE

Adobe、次期版Dreamweaverなど3製品をβ公開

次期版Creative Suiteに含まれる「Adobe Dreamweaver」「Adobe Fireworks」「Adobe Soundbooth」をβリリースした。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは5月27日、「Adobe Dreamweaver」「Adobe Fireworks」「Adobe Soundbooth」新版の公開β版をリリースした。

 WebオーサリングツールDreamweaverの公開β版には、関連するファイルを閲覧できる「Related Files Toolbar」、さまざまな部分に表示されるコードを1度のアップデートで変更できる「Code Navigation」、オープンソースのレンダリングエンジンWebkitをベースにした「Live View Mode」などの新機能が盛り込まれている。

 WebサイトデザインツールFireworksのβ版は、Adobe Creative Suiteに含まれるほかのアプリケーションと統一性のある新しいユーザーインタフェース、デザインカンプをPDFとしてエクスポートする機能を備え、Adobe AIR、HTML、Flash、Flex Builderと互換性を持つ。オーディオ編集ツールSoundboothのβ版は、複数トラックのサポート、複数ファイルの音量レベルを合わせる機能、MP3圧縮プレビュー、音声認識などの新機能を搭載する。

 これらβ版はAdobe Labsから無料でダウンロードできるが、起動してから48時間後に利用できなくなる。Creative Suite(CS)3ユーザーは、CS3プロダクトシリアルナンバーを入力すれば、CSの次のバージョンのリリースまでβ版の利用を続けられる。対応OSはWindows XP SP2、Windows Vista、Mac OS X 10.4.1以上(PowerPC G5またはIntelベースMac。ただしSoundboothβはPowerPCベースMacには対応しない)。

関連キーワード

Adobe Flex | Adobe Systems | Creative Suite | Dreamweaver


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -