ニュース
» 2008年05月28日 16時56分 UPDATE

Google App Engineを一般公開、料金プランも明らかに

5月28日に、Google版クラウドであるGoogle App Engineの登録制限が解除される。

[ITmedia]

 米Googleは5月27日、クラウドコンピューティングサービスのGoogle App Engineを28日から一般公開すると発表。料金プランの詳細も明らかにした。同サービスは先着1万人限定でプレビュー版が公開されたが申し込みは大幅に超過。現在15万人以上が待機状態だという。

appengine

 Google App Engineは自作のWebアプリケーションをGoogleのインフラで稼働させることができるサービス。プレビュー期間中は無料だが、今年中にプレビュー期間が終了すると、下記の料金体系に移行する。

  • 500Mバイトのストレージ、500万ページビュー/月までは無料
  • CPUコア:1時間当たり10〜12セント
  • ストレージ:1Gバイト当たり15〜18セント/月
  • バンド幅(下り):1Gバイト当たり11〜13セント
  • バンド幅(上り):1Gバイト当たり9〜11セント

 また、Ajaxアプリケーション開発環境として、Java 5に対応したGoogle Web Toolkitのリリース候補版1.5を今週中に投入する。

 同社は28日から29日まで米サンフランシスコのモスコーニセンターで、Googleのデベロッパー向けイベントであるGoogle I/Oを開催予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -