ITmedia NEWS >
ニュース
» 2008年06月10日 07時00分 UPDATE

H.264でフルHDのテレビ電話を NTTがソフト開発

NTTは、市販のPCと一般の光回線で、フルHD画質のリアルタイム映像・音声配信ができるソフトウェアを開発した。遅延0.2秒以下で双方向通信でき、テレビ電話で自然な会話が可能という。

[ITmedia]

 NTT(持ち株会社)は6月9日、市販のPC(クロック周波数3.0GHz程度のクアッドコアCPU搭載)と一般の光回線で、フルHD画質のリアルタイム映像・音声配信ができるソフトウェア「RISCA264-HD」を開発したと発表した。遅延0.2秒以下で双方向通信でき、テレビ電話で自然な会話が可能という。

 高速なエンコーダ/デコーダエンジンと、IPパケット送信/受信エンジンで構成した。画質と演算量のトレードオフを最適化し、毎秒30フレームでフルHD(1920×1080ピクセル)画質の映像伝送が、遅延0.2秒以下で可能になったという。

 独自のフレーム抑制法を実装して映像や音声の劣化を抑制。帯域が保証されていないネットワーク上でも高品質な映像・音声のやりとりが可能としている。

 NTTサイバースペース研究所で開発した技術をソフトウェア化した。前身となる技術はNTTレゾナントが「WarpVision」として2003年に商用化しており、新技術も商用化を検討する。

 6月9日から開かれている「Interop Tokyo 2008」(千葉・幕張メッセ、13日まで)で展示している。

関連キーワード

フルHD | テレビ電話 | NTT


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.