ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年06月17日 08時23分 UPDATE

Nokia、厚さ10ミリのQWERTY携帯など「Eseries」2機種を発表

Nokiaが7月に出荷開始予定の「E66」と「E71」は、Microsoft Exchangeに対応。メールや予定表へのアクセスのほか、添付ファイルのダウンロードも可能。

[ITmedia]

 フィンランドのNokiaは6月16日、「Eseries」の新しい携帯端末2機種を発表した。スライド式の「E66」と、厚さ10ミリでフルQWERTYキーボード装備の「E71」で、A-GPSや320万画素のデジタルカメラ、音楽プレーヤーなどのマルチメディア機能に加え、Microsoft Exchangeに対応。個人メールだけでなく、ビジネスメールの利用に最適化されている。いずれも価格は350ユーロ(税前)で、主要市場で7月に出荷開始予定。

yu_e66.jpgyu_e66back.jpg E66

 E66とE71には、携帯メールクライアント「Mail for Exchange」がプリインストールされており、職場のExchangeサーバに接続可能。リアルタイムでメールや予定表、連絡先にアクセスできるほか、WordやExcel、PowerPoint、PDFといった添付ファイルも直接ダウンロードできる。また、ビルトインの暗号化機能を備えるなど、ビジネスレベルのセキュリティも装備した。個人用メールについては、GoogleやYahoo!、MicrosoftのWebメールサービスをはじめ、世界中の1000社以上のISPによる電子メールアカウントをサポート。個人用と仕事用の画面切り替えは「スイッチ」1つで簡単にできるという。

yu_e71.jpgyu_e71back.jpg E71

 両端末とも、Nokiaのオンラインサービス「Ovi」に対応しており、地図や音楽、メディア共有などのサービスが利用できる。ボディはステンレス製で、色はグレーとホワイト。E71は細身のボディに特別設計のQWERTYキーパッドを採用。一方のE66には、端末を裏返すと自動的に着信音を消す機能や、画面の表示方向を端末の向きに合わせて最適化する方向センサーなどの機能を搭載している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.