ニュース
» 2008年06月17日 09時31分 UPDATE

トウモロコシからできたエコ携帯、Samsungが発表

Samsungの「W510」はトウモロコシ由来の「バイオプラスチック」でできており、製造に重金属を使っていない。

[ITmedia]

 韓国のSamsung Electronicsは6月16日、トウモロコシから作った携帯電話など、エコ携帯電話2機種を発表した。

 「W510」はトウモロコシから抽出した天然の材料を使った「バイオプラスチック」でできている。また製造の際に、鉛、水銀、カドミウムなどの重金属を使わず、コーティングには水溶性の素材を使用しているという。

 もう1機種の「F268」は、充電器などのアクセサリにも、BFR(臭素化難燃剤)とPVC(ポリ塩化ビニル)を含有していない。また、充電が完了したときにコンセントを抜くよう知らせるアラームも備える。

 W510は韓国市場、F268は中国市場で6月に発売される。

ah_F268_m1.jpg
ah_F268_m2.jpg

関連キーワード

エコロジー | 携帯電話 | Samsung | グリーンIT


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -