ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年06月20日 07時00分 UPDATE

6月30日以降もXPマシンを販売します──マウスコンピューター

マウスコンピューターは、Windows XPのPCメーカー向け出荷が終了する6月30日以降も、DSP版ライセンスを活用してXPマシンの販売を続ける。

[ITmedia]

 ホワイトボックスPC大手・マウスコンピューターは6月19日、Windows XPのPCメーカー向け出荷が終了する6月30日以降も、同OSを搭載したPCの販売を続けると発表した。

 PCメーカー向けのOEM版ライセンス付きPCの注文受け付けは24日に終了。その後はDSP版ライセンスで対応する。「顧客からの強い要望に応えるため」としている。

 マイクロソフトは、PCメーカー向けXPの正規OEMライセンス提供を6月30日で終了する。PCパーツ店などで購入できるDSP版の提供は2009年1月31日まで。

関連キーワード

マウスコンピューター | Windows XP


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.