ニュース
» 2008年06月20日 12時00分 UPDATE

「がくっぽいど」7月末発売 “ニコ厨”漫画家・三浦建太郎さんのイラストで

Gackt声のVOCALOID「がくっぽいど」発売が7月末に決まった。パッケージの「神威がくぽ」のイラストは“ニコ厨”漫画家の三浦建太郎さんに無償で描いてもらったという。

[ITmedia]

 DTMソフトメーカーのインターネット(大阪市)は6月20日、歌手のGacktさんの声を元に作成した合成音声で歌わせることができるソフト「がくっぽいど」(GACKPOID)を7月末に発売すると発表した。オープン価格で、実売予想価格は1万8900円前後。

画像

 パッケージは、Gacktさんをイメージしたキャラ「神威がくぽ」のイラスト。「ニコニコ動画」ファンで「ベルセルク」などで知られる漫画家の三浦建太郎さんに、無償で描いてもらったという。歌声に調整を加えたサンプル曲も公開した

 がくっぽいどは当初6月中旬の発売を予定していたが「商品パッケージなどに使用するイラストの選定・変更のため発売を延期する」と発表していた(Gackt声のVOCALOID「がくっぽいど」発売延期)。

 パッケージは当初から、イラストにする予定だったという。Gacktさんの写真だと、本人が歌っていると勘違いされる恐れがあるためだ。「イラストの案はいくつかあったが、インパクトに欠けていた」――同社の村上昇社長は打ち明ける。

 同社は音楽ソフトを専門に扱ってきた企業。イラストレーターにつてもなく、悩んでいた。そんな時、漫画家の三浦健太郎さんが“ニコ厨”だと知り、三浦さんにお願いできないか考えたという。だが連絡先も分からない。一計を案じた。「ニコニコ動画」の時報広告で呼び出したのだ。

 5月30日午前0時の時報で、こんなアナウンスを流した。「お客様のお呼び出しを申し上げます。ベルセルクを執筆なさっている、漫画家の三浦建太郎先生、三浦建太郎先生。お客様あてのメッセージをお預かりしております。いらっしゃいましたらご連絡していただきますようお願い申しあげます」

 翌日さっそく三浦さんから連絡があり、がくっぽいどのイラストを快諾してもらえたという。しかも無償で。「今回のプロジェクトはニコニコ動画との関わりが大きく、ニコニコ動画はユーザーが無償で作品を発表している場だから、自分もニコニコ動画の世界には無償で作品を提供をしたいと申し出ていただいた」

 がくっぽいどには、パッケージと同じデザインのポスターも付ける予定。加えてサンプル曲として、Gacktさんの楽曲2曲をがくっぽいどに歌わせて収録する。ボーカルと伴奏、音素材をミックスできるソフト「OPUS Express for Windows」の無償ダウンロード提供もユーザー向けに行う予定だ。

 村上社長は「今後も有名アーティストなどを起用したVOCALOIDを今後も作っていきたい。年内から年明けごろには次回作を提供できれば」と意気込んでいる。

関連キーワード

がくっぽいど | Gackt | VOCALOID


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。