ニュース
» 2008年06月24日 07時00分 UPDATE

東芝、Cellベース「SpursEngine」搭載ノートPCを発売

Cellベースのプロセッサ「SpursEngine」を搭載したノートPCを東芝が発売する。

[ITmedia]

 東芝は6月23日、Cellベースのメディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine」を搭載したノートPCを7月下旬に発売すると発表した。DVDなどのSD映像をリアルタイムにアップコンバートしてHD表示する機能などを備えた。

 同プロセッサを搭載するのは、AV機能を重視した「Qosmio G50シリーズ」と「Qosmio F50シリーズ」。アップコンバート機能に加え、地上デジタル放送の録画時にH.264変換しながら録画することで、画質低下を抑えながら同社従来比で約8倍の約492時間録画する機能や、地上デジタル番組をDVDに書き込む際のエンコードを高速化してダビング作業時間を約半分に短縮する機能──などを備える。

 SpursEngineはCellプロセッサの技術をベースに東芝が独自開発。Cellのプロセッサコア「SPE」(Synergistic Processor Element)×4個(1SPE当たり12GFLOPS)を搭載し、同社は「Quad Core HD Processor」と呼んでいる。

関連キーワード

東芝 | Cell | SpursEngine


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -