ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年06月24日 07時30分 UPDATE

Motorola、500万画素のKodakカメラ携帯を発表

Motorolaが、新マルチメディア携帯シリーズ「MOTOZINE」を発表。第一弾の「ZN5」は高画質のオートフォーカスカメラ付携帯で、まず中国で7月に発売する。

[ITmedia]

 米Motorolaと米Kodakは6月23日、新しい携帯端末「MOTOZINE ZN5」を発表した。MOTOZINEは、Motorolaのマルチメディア携帯の新シリーズ。最初の製品となるZN5は、MotorolaとKodakの技術を組み合わせたカメラ携帯で、高画質の写真撮影のほか、写真の共有やプリントが簡単にできるという。まず中国で7月に提供を開始した後、年末にかけて世界各国に展開する予定だ。

yu_zn5front.jpgyu_zn5back.jpg

 ZN5は、レンズカバーをスライドさせて開けると高速500万画素カメラが現れる。キセノンフラッシュ付きのオートフォーカスカメラで、撮影した画像をカメラ内で自動補正する「Kodak Perfect Touch」機能を搭載。マルチショットのほか、複数の連続した写真を自動的につないで1枚のパノラマ写真にすることも可能。撮影した写真は1クリックでKodak Galleryを含むソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などにアップロードし、友人たちと簡単に共有できる。Bluetooth経由で「KODAK All-in-One」プリンタや店舗に設置された写真キオスク「KODAK Picture Kiosk」に写真を送信してプリントすることも可能。内蔵メモリのほか、4GバイトのmicroSDメモリが利用できる。

 サイズは50.5×118×12ミリで重さは114グラム。2.4インチのTFT液晶付き。GSMとIEEE802.11b/g/iに対応し、通話とカメラのほか、SMS、MMS、インスタントメッセージング(IM)、電子メール、Webブラウジング、FMラジオ、MP3プレーヤー、MPEG4とH.263ビデオなどが利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.