ニュース
» 2008年06月30日 16時05分 UPDATE

色分けしたノートをそのまま画像データに ぺんてる「airpen」に青と赤

デジタルペンで手書きした文字やイラストなどを画像データ化できる「airpen」にカラーペンが追加された。赤や青で色分けして書いたノートを、色情報を保ったまま画像データ化できる。

[ITmedia]

 ぺんてるは、デジタルペンで手書きした文字やイラストなどを画像データ化できる「airpenストレージノート 2.0」のユーザー向けに、赤色と青色のデジタルペンを販売する。色分けして書いたノートを、色情報を保ったまま画像データ化できる。

画像 カラーペン
画像 airpenストレージノート 2.0

 普通紙に専用のデジタルペン(インク色は黒)で文字やイラストを手書きすると、ペンに内蔵したフラッシュメモリに座標データを保存。PCにUSBケーブルで接続すると、画像データとして出力する仕組みだ。

 新たに、インク色が赤色と青色のデジタルペンを追加した。内蔵メモリにペンの色情報も記録。PCに接続すればインク色をそのまま反映した画像データを作成できる。

 付属ソフト「airpenNOTE」には、色ごとに変換するデータ形式を変える機能を追加。赤色で書かれた部分はテキストデータに、黒色で書かれた部分は画像データに変換する――といったことが可能だ。

 カラーペンは7月10日に発売。オープン価格で、実売予想価格は7000円前後。airpenストレージノート 2.0に赤色のカラーペンを同梱した限定セット(300セット)は2万8000円前後。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -