ニュース
» 2008年07月03日 07時58分 UPDATE

オープンソース携帯「Openmoko Neo FreeRunner」、7月4日発売

オープンソースによる携帯電話開発を目指すOpenmokoのLinux携帯「Neo FreeRunner」が、米国独立記念日に発売となる。

[ITmedia]

 台湾のOpenmokoは7月2日、Linux携帯電話「Openmoko Neo FreeRunner」を米国の独立記念日である7月4日にオンラインで発売すると発表した。受注した製品の顧客向け出荷は7月7日から開始する予定。オンラインショップに加え、欧州諸国、インド、北米ではディストリビューター経由でも販売する。

yu_moko1.jpgyu_moko2.jpg

 Neo FreeRunnerはLinuxを搭載した携帯電話で、Openmokoは定期的なダウンロードサービスにより、携帯電話の機能を拡張するとしている。また8月5日から米サンフランシスコで開催されるLinux Worldで発表予定の新ソフトにより、ロケーションベースのアプリケーションが追加できるという。

 Neo FreeRunnerは使用する国の周波数により、850MHz GSMモデルまたは900MHz GSMモデルの2バージョンから選択できる。 色は黒で、重さ約184グラム。2.8インチのVGAタッチスクリーン、128MバイトのSDRAMと256MバイトのNANDフラッシュメモリを搭載し、Wi-Fi(802.11b/g)、A-GPS、GPRS 2.5G、Bluetooth 2.0に対応。価格は399ドル。

関連キーワード

携帯電話 | Linux | オープンソース


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -