ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年07月08日 07時00分 UPDATE

キヤノン、デジカメ生産体制増強へ 長崎に新拠点

キヤノンがデジカメ新生産拠点を長崎県に設立する。09年12月に操業を開始する計画で、年間生産能力は400万台。

[ITmedia]

 キヤノンは7月7日、コンパクト・一眼レフデジタルカメラの新生産拠点を長崎県に設立すると発表した。2009年12月に操業を始める計画で、生産能力は年間400万台。投資額は約174億円。

 今後もデジカメ市場の成長が見込めるとして、生産体制の増強に踏み切る。月内に100%出資の「長崎キヤノン」(資本金8000万円)を設立。同県波佐見町の工業団地内で来年1月に着工し、同年11月に完成の予定。従業員は新卒・経験者など1000人規模を見込む。

関連キーワード

キヤノン | デジカメ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.