ニュース
» 2008年08月01日 19時01分 UPDATE

ネット報道の質向上へ、「インターネット報道協会」設立

ネット上の報道コンテンツの質向上を目的とした「日本インターネット報道協会」が設立された。「J-CASTニュース」「オーマイニュース」運営企業などが参加する。

[岡田有花,ITmedia]

 インターネット上の報道コンテンツの質向上を目的とした任意団体「日本インターネット報道協会」が8月1日に設立された。「J-CASTニュース」「オーマイニュース」「JANJAN」運営企業などが参加し、共同でシンポジウムを開いたり、ネットコンテンツや技術の研究を行っていく。

 活動内容は(1)講演会やシンポジウム開催、(2)優秀なコンテンツや活動の表彰、(3)会員相互や他団体との交流、(4)ネット技術やコンテンツ品質向上に関する研究、(5)ネットに関する相談や提言、(6)関係企業や団体、官庁との連絡や調整(7)ネットを使った記者会見の開催――など。第1弾として9月下旬に設立記念イベントを開く。

 発足時の会員企業は、ジェイ・キャスト、オーマイニュースと、JANJANを運営する日本インターネット新聞、「ビデオニュース・ドットコム」を運営する日本ビデオニュース、「日刊ベリタ」を運営するベリタの5社と、オーマイニュース前編集長で、「週刊現代」「Web現代」の元編集長、元木昌彦さんの個人事務所・オフィス元木。

 オープンな組織を目指し、企業・個人の会員を広く募集する。報道コンテンツを作成し、ネット配信する法人や個人を対象にした正会員(年間会費は12万円)と、会の趣旨に賛同し、運営に協力する準会員(年間会費は1万2000円)を募集中だ。

画像 代表幹事を務める日本インターネット新聞の竹内謙社長(左)と事務局長の元木昌彦さん

 代表幹事を務める日本インターネット新聞の竹内謙社長は「ネット上の報道をめぐってはいろいろな問題が起きている。なるべく良質な報道をするために横連携していきたい」と話した。

 事務局長の元木昌彦さんは「私はずっと記者クラブを批判してきたが、協会は、ネットに携わる市民を含めて開かれた組織にしたい。記者クラブに属さないネットメディアは取材にも苦労するから、協会の会員企業で記者会見を主催するといったことも考えたい。政府がネットを規制しようという動きには反対していきたい」などと述べた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -