ニュース
» 2008年08月07日 07時19分 UPDATE

最大1000万件の文書がインデックス化可能に――新版「Google Search Appliance」

機能刷新された「Google Search Appliance」では、最大1000万件の文書がインデックス化できるようになった。

[ITmedia]
yu_gsa.jpg

 米Googleは8月6日、企業向け検索アプライアンス「Google Search Appliance」の機能を強化し、最大1000万件の文書をインデックス化できるようにしたと発表した。また検索機能、パーソナライズ機能、セキュリティ、言語サポートも強化している。

 新しいスコアリングポリシーの導入で、企業の各部署やその役割などをもとにユーザーグループを作成、グループごとに検索結果を調整できるようになった。例えばエンジニアであれば、コードや設計文書を検索結果のトップに、マーケティング部門ならマーケティング関連文書をトップに表示するよう設定できる。また従来のソース、URL、日付に加え、メタデータによって検索結果の表示を調整できる。例えばログファイルよりもホワイトペーパーを優先的に表示することなどが可能。

 また従業員がクリックしなかった検索結果はどれか、スポンサーリンクがどれだけクリックされているかなどの情報を含む、各クエリーに関する詳細なリポートを受け取れるようになった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -