ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年08月21日 08時08分 UPDATE

Intel Developer Forum 2008:Intel、初の家電製品向けSoCプロセッサを発表

Intelが、デジタルテレビなどのインターネット接続家電向けのシステムオンチップを発表した。

[ITmedia]

 米Intelは8月20日、サンフランシスコで開催の2008 Intel Developer Forum(IDF)で、同社としては初の家電製品向けのシステムオンチップ(SoC)「Intel Media Processor CE 3100」(コードネーム「Canmore」)を発表した。9月から出荷開始予定で、Samsung、東芝などが製品への搭載を計画しているという。

 家電の中でも特にインターネット接続が可能な製品、例えば光ディスクプレーヤー、CATVのセットトップボックス、デジタルテレビなどをターゲットとしている。

 CE 3100はIntel Architecture(IA)を基盤とし、マルチストリームのビデオ処理機能を装備。3チャンネルの800MHz DDR2メモリコントローラ、マルチチャンネルデュアルオーディオDSP、3Dグラフィックスエンジンを備える。

 同社はまた、同社のSoCを搭載する家電の普及を目指すコミュニティー「Intel Consumer Electronics Network」の設立を明らかにした。

CEN Intel Consumer Electronics Networkのサイト

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.