ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2008年08月29日 08時41分 UPDATE

Googleカレンダー、ユーザーの希望を受けて機能追加

時間が重なる複数のスケジュールの記入が可能になったり、予定の通知を5分前から4週間前まで自由に設置できるなど、Googleカレンダーがマイナーアップグレードした。

[ITmedia]

 米Googleは8月28日、ユーザーからのフィードバックをもとに、Googleカレンダーの機能に若干の改良を加えたことを明らかにした。

 以前から提供している会議出席者へのメール送信機能に、出席のチェックや、返信がない人にのみ再度案内メールを送信する機能が追加された。

 またほかの人のカレンダーの追加が、簡単に行えるようになった。「友だちのカレンダーを追加する」ボックスに友人の名前を入力すると、アドレス帳から自動的にピックアップされ、クリックするだけでカレンダーが追加される。

 Googleカレンダーではこれまで、既に入れてある予定の時間には、ほかの予定を重ねて入れることができなかったが、今回のアップデートにより、時間が重なっても予定が入れられるようになった。

 また予定時間が近づくとポップアップやメールで知らせてくれる通知機能の設定時間を、5分前から分刻みで設定できるようになった。時間、日数でも設定でき、最長4週間前から通知できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.