ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2008年09月04日 08時27分 UPDATE

新仮想世界「Multiverse Places」が登場

オンラインゲームとソーシャルネットワークを統合した新しい仮想世界が登場した。

[ITmedia]

 仮想世界開発技術の米Multiverseは9月3日、ソーシャルネットワークとオンラインゲームを組み合わせた新しい仮想世界「Multiverse Places」のβ版を公開した。

 新仮想世界を利用するには、3D仮想世界探索用の「Multiverse World Browser」とソーシャルネットワーク用のアプリケーションが必要で、どちらも無料でダウンロードできる。Windows XPおよびVistaのみ対応。

 ユーザーが最初にスタートする地点は、ニューヨークのタイムズスクウェアという設定。ほかのユーザーのアバターと会話やゲームを楽しんだり、映画や音楽を視聴したりすることが可能だ。

yu_multi1.jpgyu_multi2.jpg

 ソーシャルネットワークアプリケーションにより、仮想世界内でテキストだけでなく、音声チャットをしたり、友だちのゲストブックにメッセージを残したりできる。また、既存のソーシャルネットワークでの友だちがMultiverse Placesに加わったとき、自動的に友だちと識別する機能を数週間以内に追加する予定。

 Multiverse Placesはオープンソースの仮想世界なため、開発者が自由に新しいユーザーインタフェースやメニューシステム、アバターなどを開発、追加することができる。

関連キーワード

仮想世界 | 3D | SNS | アバター | オープンソース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.