ニュース
» 2008年09月10日 17時11分 UPDATE

「ウイルスバスター2009」にキーロガー対策 メモリ使用量削減

「ウイルスバスター2009」は「安心×軽快」がコンセプト。新たにキーロガー対策機能を導入したほか、メモリ使用量を削減して軽快に利用できるようにした。

[宮本真希,ITmedia]
画像 大三川彰彦グローバルコンシューマビジネスジェネラルマネージャ(左)

 トレンドマイクロは9月10日、セキュリティソフト「ウイルスバスター2009」を発表した。コンセプトは「安心×軽快」。キーロガー対策など新機能を搭載し、メモリ使用量を削減して軽快に動くようにした。同日午後5時にダウンロード版を、9月19日にパッケージ版を発売する。

 「キー入力暗号化」を新たに搭載した。Webブラウザ上で、キーボードからの入力を暗号化した上、通常のキー入力の伝達ルートをバイパスする機能。キーロガーが仕掛けられたフィッシングサイトなどで、入力したパスワードが盗まれないようにする。Internet Explorer 6.0 SP2/7.0上に対応し、機能のオン/オフはユーザーが選べる。

 「オンライン取引が増えるに従い、フィッシング詐欺による被害も増えている。個人情報保護機能が重要になってくる」と、大三川彰彦グローバルコンシューマビジネスジェネラルマネージャはアピールする。

 URLからサイトの安全性を判断する「Webレピュテーション機能」を強化。一般のWebサイトに加え、Webメールやインスタントメッセンジャー、メールソフトに対応させた。

 HotmailやYahoo!メール、MSN MessengerでURLが書かれたメッセージを受け取ると、URLの危険度を判断し、安全なら緑、危険なら赤――と色別のアイコンなどで知らせる。OutlookやWindows Mailなどメールソフトでは、危険なWebサイトのURLが書かれたメッセージを自動で迷惑メールフォルダに振り分ける。

 メモリ使用量は「2008」より45%削減。レジストリをクリーニングしたり一時ファイルを削除し、PCを最適化する「システムチューナ―」機能も装備し、軽快に利用できるようにした。DVDの再生などで全画面表示している際に、ポップアップを表示せず作業の邪魔をしない「全画面サイレントモード」も搭載した。

画像 メールやメッセンジャーで危険なURLが書かれたメッセージを受け取ると知らせる

 価格はダウンロード1年版が4980円、パッケージ1年版が5980円など。

 初心者向けに、保険やサポートサービスとセットにした商品を発売する。クレジットカードが不正に使用されたときに年間100万円まで補償が受けられる「支払い用カード等不正使用被害保険」と、PCやネットに関する電話・メール相談ができるサービス付きで、価格はダウンロード1年版が6980円、パッケージ1年版が7980円など。

 今後1年間で新規購入と更新を含め、950万ユーザーの獲得を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -